そらのアトリエ
写真に関しては、そらのアトリエで活動していく予定です。

2007年6月 9日

らき☆すたは京アニにとって冒険した作品だった?

2007-060903.jpg監督が交代してから、より面白くなったと言われている「らき☆すた」。
実は、らき☆すたは京アニにとってとっては冒険した作品だった?
現在製作中のCLANNADはKanon以上のクオリティが約束されている?
京アニを図解して色々考えて見ました。

CDの売り上げだけを見ても、らき☆すたの人気は異常だが、
この状態に、ニコニコ動画一役買っている事に異論を唱える人はいないと思う。
ニコニコに毎週アップされているらき☆すたは、どう考えても違法だが、削除されない理由は京アニが黙認しているからだろう。
消費者は京アニが提供するネタをニコニコやブログなど、色々な手法で楽しんでいる。
悪く言えば踊らされているのだが、楽しければそれで良いのだ。
らき☆すたにはそれだけの面白さがある。


閑話休題。
下の図は、京アニのどのスタッフが、どの作品に関わったかを示したもの。
全員は無理なので、スタッフロールに名前が1人だけ出てくる
「監督」、「キャラクターデザイン・総作画監督」、「構成」だけを書き出した。
2007-060902.jpg

まずはらき☆すたを見て欲しい。
山本さんから、武本さんにスイッチしたのは記憶に新しいが、
石原さんはCLANNADで忙しいだろうし、山本さんを降ろしといて、また監督未経験の人を使うのは矛盾しているから、武本さんが選ばれたのは当然のように見えてくる。

また、待田さんは無敵看板娘で構成を担当しているが、
堀口さんは自身初のキャラデザ・総作画監督を任されている。
もちろん、各話の作画監督・原画などを、池田さんや荒谷さんが担当しているし、
今の京アニの人気やらき☆すたが元々持っている人気を考えると大きく外す事はありえないのだが、
京アニにとっては冒険した作品だったのではないだろうか。


次に、全員主役級の声優陣で度肝を抜かれたCLANNADだが、
相変わらず、石原さんが監督を務め、志茂さんが構成を担当。
そして最近、池田和美さんがキャラデザ・総作監に決まった。

これは言って見れば「失敗はありえない」構成となっている。
AIRで神がかった作画を見せてくれ、Kanonで洗練されたクオリティは、
まず間違いなくCLANNADでも見られるだろう。
それどころか、今回は製作発表から放送までかなり時間があることから、さらに素晴らしい作品になる事が期待されている。





このカテゴリの最新記事

トラックバック

» 夏コミ通知ウェブコミ from ゲーム・アニメ・萌え系イラストブログ
夏コミ通知ウェブコミ。らき☆すたですが新刊の方はオリジナルッス。 今までブログでは全イラスト線画verのみアップしてたんですがこれから 重要な... [Read More]

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

Illustrated by


メニュー
応援バナー.
鈴木弐番館(「鈴木このり」さんと「れもたろ」さんのサイト)へのリンクはこちら
れもたろ
れもたろ


買うもの/買ったものリスト
カテゴリ
RSS/その他
feed RSSリーダーで購読する

1256人が購読しています。(2009/01/24)

ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
(C)GUST CO.,LTD.
鍵っ子ブログはガスト認定ファンページです。

なかのひと
track feed

リンク上に戻る