そらのアトリエ
写真に関しては、そらのアトリエで活動していく予定です。

2007年1月 1日

CLANNAD論争!名作or駄作 Part3

CLANNAD論争!名作or駄作 Part1
CLANNAD論争!名作or駄作 Part2
を先にどうぞ。


Re:CLANNADは名作ですよ。(名前:makura)2007/02/03(Sat) 20:47:23


>>同棲編→誕生編という形でプレイし
>>同棲編→早苗塾の話→同棲編→萩野→同棲編→誕生編という形でプレイしてしまう

誕生編と言われてもワカラン。まぁ「渚TrueEND」はありえないから、「汐END」の事と解釈する。
無理です。ヴァルが示した上のルートは。
1週目の早苗編は強制だし、
芳野編を見たら汐ENDも強制。

最長パターンは
早苗編→BadEND→芳野編→汐編
になるが、BadENDになる為には渚に冷たくする選択肢を選ぶ必要があり、
(この時、BadENDになるチャンスは1回。具体的には、
渚の「私がいます。ずっとそばに居ます。ふたりだったら、なんだってがんばっていけるはずです。違いますか」に対し、
「違う」を選ぶ必要がある。)

ヴァルの言う「感動を味わいたい彼」はそんな選択肢を選ぶはずが無いから

最長パターンは
早苗編→芳野編→汐編

最短パターンは
早苗編→汐編

つまりヴァルが示したルートはどちらも不可能。
妄想で貶すのはやめてください。


>>こーゆー自由度は,作品の質とか内圧を落とす
AIRもDREAM編で散々前振りしておいて、いきなり1000年前にもどる。
Kanonも各キャラに入ったら他のキャラは消えうせる。
ヴァルの言っている事はCLANNADに限った事では無い。

エロゲ全般にある、そういった問題と
CLANNADに対する批判を一緒にするな。


Re:CLANNADは名作ですよ。(名前:ヴァル)2007/02/05(Mon) 17:12:09

>>つまりヴァルが示したルートはどちらも不可能。
・・・なら君の示してくれたルートでも構わない.どちらにしろ読みが複数存在することは明らかだと思うが?
http://www5b.biglobe.ne.jp/~maguni/game/kouryaku/clannad@after.htm
http://kipima.hp.infoseek.co.jp/game/CLANNAD/after.html
を参照すると,早苗塾は【渚ルート5/2で早苗のことを好きといっている】が,萩野は【渚ルートの4/20に芳野の手伝いを行っている】が条件になっている.これでも早苗塾の話は強制なのか?それとも別の話のことを言っているのか?別にどうでもいいけど.

>エロゲ全般にある、そういった問題と
>CLANNADに対する批判を一緒にするな。
今回clannadを貶す側に回ったのは,私が嫌ってやまないエロゲを代表するような作品になってしまっていることに原因があるのです.

私がエロゲを嫌う理由は数ありますが,大きな理由の一つとして,「作品を細分化(モジュール化)して作っている又は消費している点」があります.ここでいう細分(モジュール)とはオムニバス風に一つ一つのシナリオが完全に独立している訳でもなく,かといって完全に繋がりのある一枚岩なストーリにもなっていないモノを指します.
この例として次のようなものが挙げられます.
1.世界観が全く違うようなシナリオやキャラが存在する.
2.複数人のシナリオライターが描いている場合がある(グラフィッカーも).
3.あるキャラやシナリオが良いと布教する.
4.読みが確定されていない.
別に細分化するモノ作りがいけないとは思わないが,エロゲに関して言えば,悪いほうにしか働いていない気がします.
例えば,
・一つのシナリオで作者の言いたいことやキャラの魅力を語りきらない.(→技巧などに拘らない→最悪:ファンディスクの量産を許す[自転車操業])
・読みをあまり考慮していないので,繊細なミスリードができない(なされない).
・作品として必要のないシナリオやキャラの出現.
などなど


続き:CLANNAD論争!名作or駄作 Part4

CLANNADへ戻る




このカテゴリの最新記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

Illustrated by


メニュー
応援バナー.
鈴木弐番館(「鈴木このり」さんと「れもたろ」さんのサイト)へのリンクはこちら
れもたろ
れもたろ


買うもの/買ったものリスト
カテゴリ
RSS/その他
feed RSSリーダーで購読する

1256人が購読しています。(2009/01/24)

ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
(C)GUST CO.,LTD.
鍵っ子ブログはガスト認定ファンページです。

なかのひと
track feed

リンク上に戻る