そらのアトリエ
写真に関しては、そらのアトリエで活動していく予定です。

2007年6月18日

ニュースサイトに紹介される側の悩み

2007061702.gif
私がチェックしてるニュースサイトの一つにふぇいばりっとでいずがあるのですが、そこの記事「ニュースサイトで記事がかぶりまくるのも」を読んで『ニュースサイトも悩みがあるんだな』と。
私は逆に紹介される側なんですが…

私がチェックしてるニュースサイトの一つにふぇいばりっとでいずがあるのですが、そこの記事「ニュースサイトで記事がかぶりまくるのも」を読んで『ニュースサイトも悩みがあるんだな』と。

私は逆に紹介される側なんですが、悩みが2つほどあります。
一つは、ブックマークしてくれる人が増えたり、ふぇいばりっとでいずの他にも究極最終兵器2ndWeaponなど、巡回して下さってる(多分)方が増えてくると、プレッシャーを感じる事。

・がっかりさせないような記事を書かないといけないというプレッシャー。
・毎日更新しないといけないという強迫観念。

しかし、Keyのネタで毎日毎日面白い記事がかける訳も無いので、私の場合は割り切って、「ニュースサイトに取り上げてもらう為の」記事と、そうでない記事の2つの場合に分けてます。
そうでない場合は極端に文章量を減らしたり、すごく投げやりな感じで書いたりして

「今日はネタが無かったのでこんな記事しか書けませんでした。ニュースのネタにならなくてごめんなさい」

というメッセージを暗に送ってるつもりでした。
例えばこの記事(こっそりOHP更新。リトバスの初回特典が発表)は投げやりな感じ。
この記事(小毬自重せよ。リトルバスターズ、ソフの特典がえろい事に)は気合が入った記事。

でも、投げやりな感じで書いても相変わらず取り上げて下さってるので、そうなると申し訳無い気持ちでいっぱいになるのです。
(この記事を書いてる間に、春が大好きっさんにもピックアップして頂いたようです。
やっぱり速報性があるっていうのは重要なんですね。)

もう一つはアクセス数が増えるにつれ、レスポンスが無いことに不安を感じてしまう事。
私のサイトを超大規模にしたサイトにせなか:オタロードBlogやアキバBlog等がありますが、この超有名サイトにすら、あまりトラックバックが来ない現状で、私のサイトにコメントやトラックバックが付かないのは当然かもしれません。

しかし、何かしらレスポンスが無いと、『今日来た1万人の人達はこのサイトに対し何を思ったんだろう』と、不安に感じてしまうのです。
これは運営者の性格にもよると思うのですが、私は寂しがりやなので、近々WEB拍手のような気軽にコメントを送れるシステムを導入するつもりです。

2007061701.gif付録 この表は、このサイトのある日のアクセス解析です。

私が、なぜこんなにニュースサイトを気にするかというと、この表(このサイトのリンク元)を見てもらえると分かると思いますが、ニュースサイトが検索よりも上位に来てます。
移転したばかりでGoogleやYahooに引っかかり難いので、ニュースサイトの紹介が無ければあまり人は来なくなるでしょう。

ふぇいばりっとでいずでは、ニュースサイト運営側が面白い記事を探す方法を探っていますが、記事を書く側としては、速報性のあるニュースを一番に取り上た時や、面白い考察を書いた時に、ニュースサイトに紹介されると嬉しいものです。



関連リンク(外部サイトに飛びます)


関連記事:



このカテゴリの最新記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

まぁ、コメントを残さない理由としては、
記事がうまくまとまっているので感想落とす必要ないかなてのがありますね。
コメント残しやすい記事と残しづらい記事があると思います

そういえば、「わざと誤字を入れてコメント貰う」なんて記事もありました。

私の記事の書き方だと、コメント入れにくいのかもしれませんね。

2ch系のブログはコメントが凄いですからね…。もちろん来る人数自体が桁違いでしょうけども。

感想を言いやすいかどうかじゃない?

Illustrated by


メニュー
応援バナー.
鈴木弐番館(「鈴木このり」さんと「れもたろ」さんのサイト)へのリンクはこちら
れもたろ
れもたろ


買うもの/買ったものリスト
カテゴリ
RSS/その他
feed RSSリーダーで購読する

1256人が購読しています。(2009/01/24)

ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
(C)GUST CO.,LTD.
鍵っ子ブログはガスト認定ファンページです。

なかのひと
track feed

リンク上に戻る