そらのアトリエ
写真に関しては、そらのアトリエで活動していく予定です。

カテゴリ:「Key Sounds Label」1 2 3

カテゴリ「Key Sounds Label」の記事を15件表示しています

Kanonの3つのアルバムのトリビア

jpg
"recollections", "anemoscope", "Last regrets".
パッケージが似てるこの3兄弟についてのトリビアを書いてみました。

>>全文を表示する<<

なぜ『桜序曲』ではなく『桜抒曲』なのか

jpg
CLANNAD remix album-memento-【AA】の最後のトラックに収録されている『桜抒曲』。
なぜ10分超もの曲になったのか、これが誰のための曲なのかは歌詞カードで樋口秀樹さんが解説しています。が、なぜ、『桜抒曲』なのか…。

>>全文を表示する<<

リトルバスターズ関連商品を総チェック

2007092601.jpg
初回限定版が早々に売り切れたリトバスですが、9月28日、リトルバスターズ! 通常版【AA】、リトルバスターズ! オリジナルサウンドトラック【AA】が同時発売になります!
ついでにリトバス関連グッズも総チェック!

>>全文を表示する<<

リトルバスターズ!の原点? 『Hanabi』を検証する

2007082501.jpg
ごく一部で、『Hanabiがリトルバスターズの原点になっているのではないか?』と、まことしやかに囁かれています。かくいう私も、この噂にはかなり信憑性があるのでは無いかと思っています。
そこで今回は、Hanabiを検証してみる事にしました。なお今回も壮大にネタバレですので、リトバス未プレイの方は注意してください。


>>全文を表示する<<

名曲は鳥の詩だけじゃない

2007061901.jpg
AIRの鳥の詩【AA】。
数あるKeyの名曲の中で別格の扱いを受けてる曲でしょう。
でも私は『そんなに飛びぬけて良い曲では無い』と考えています。

>>全文を表示する<<

Key Sounds Best10

私生活が忙しいので更新が停滞します。

と、これだけだとアレなんで。
題して「Keyの音楽ベスト10」をお送りします。
基準は、私がここ3ヶ月の間に聴いた回数順です。

1.風になびく向日葵色のワンピース
MABINOGIより。(instrumental)
はーりぃすた〜ふぃっしゅのアレンジ曲です。
MABINOGIは全体的に良い雰囲気で、Keyのアルバムでもベスト5に入ります。

2.折れない翼
Love Songより。(instrumental)
これは、麻枝准氏が昔公開していたインスト曲に、
ボーカルをのっけてアレンジしたもの。
ボーカル曲の方は有名ですが、原曲を知ってる人は相当マニアです。
Love Songを買ってタイトルに「折れない翼」があったときはめっちゃ驚きました。
インストVerとボーカルVerを連続して流すのが最近の流行。

3.桜抒曲
mementoより。10分もある大作です。
残り1分10秒あたりの「その時はきっと春の風が吹くだろう」から、
「はーりぃすた〜ふぃっしゅ」へのスイッチ、そしてその後の歌詞があまりにも完璧すぎ。

4.オーバー
ソララドより。
ソララドの曲は全部良いです。
Keyは静かな曲が多いから、アクセントの為によく聴いてるから4位なんでしょう……。
理由付けが苦しいな。

5.汐
CLANNAD OSTより。(instrumental)
僅か1分のピアノ曲。CLANNAD起動画面で流れる曲です。
外に出ると精神汚染されるので、家に帰ったらまずこれを聴いて心の安息を。

6.小さなてのひら
CLANNAD OSTより。
「渚」にボーカルをのっけた曲。
いわずと知れた、CLANNAD TrueENDの曲です。
これを聴くと、強制的にCLANNADのシナリオを思い出します。
riyaさんの魂が込められた曲です。

7.Hope
智代アフターOSTより。(instrumental)
ピアノ曲。智代アフター起動画面で流れる曲です。
これを聴けば智代アフターをプレイしなくても内容分かります。
もちろん嘘ですが。
流す場所と曲がマッチしすぎて怖いくらいですね。

8.Life Is Like A Melody
智代アフターOSTより。
ちいさな手のひらに肉薄する名曲。
麻枝准氏は、作詞・作曲に関しては鬼才。

9.Gentle Jena
Planetarian OSTより。(instrumental)
ピアノ曲。Planetarian起動画面で流れる曲です。
Gentle Jenaは聴いてる回数では3位くらいなんですが、
アレンジVerが沢山あるので、単体の曲としてはOST収録のものが9位。
読みかたは「ジェントル イエナ」。
プレイした人ならニヤリとするネーミング。

10.その桜簾を抜けて
MABINOGIより。(instrumental)
なんでこれを初回限定にしちゃうんだろうなあ。ほんと良い曲なのに。ちなみに11位は、「萌葱色の石畳を駆ける」。
これもMABINOGI収録です。

おいおい、AIRとKanonの曲が1曲も無いじゃないか。
だから、「最近3ヶ月」って言ったでしょ。
昔、鬼のように夏影だの、朝影だの、鳥の詩だの、残光だの、少女の檻だの、回想曲だの、ああ、もう兎に角、色々聴いたから再生回数ヤバイ事になってて、新曲がランクインする余地がないの。
それじゃ俺がつまらんもん。

Last regrets / 風の辿り着く場所

日曜日の21時くらいからNHK総合でGoogle特集を放送するようです。これを見ないと人生のうち、1/3は損します。


IMG_2114.jpg

Key Sounds Label 0025
Last regrets / 風の辿り着く場所
マキシシングルっぽい感じです。

正直、がっかりですよ。
京アニでアニメ放送中だからそれに乗っかって作ったんだろうけど、ボーカルの彩菜さん、声がでてないじゃないですか。

そもそもLast regrets と 風の辿り着く場所は色々なアルバムに収録されてて、

Kanon Original SoundTrack」にオリジナル音源が4つ
・Last regrets (Short Version)
・風の辿り着く場所 (Short Version)
・Last regrets (FullChorusVersion)
・風の辿り着く場所 (Full Chorus Version)

Kanon arrange best album"recollections"」に1つ
・Last regrets -acoustic version-(Vo.Lia)

KANON original arrange album"anemoscope"」に2つ
・Last regrets
・風の辿り着く場所

KANON
"Last regrets"
"Place of wind which arrives"
」に3つ
・Last regrets
・風の辿り着く場所
・Last regrets (男性Vocal Version)

enigmatic LIA2 DISC1」に1つ
Last regrets[OMEGA FORCE REMIX](Vo.Lia)

I've Girls Compilation「regret」にも3つ
・Last regrets
・風の辿り着く場所
・Last regrets -X'mas floor style-


あるんですよ。(Instrumentalも入れると凄い数になります)
ちなみに俺は全ての音源と、ほぼすべてのCDを持ってます。

これだけ出てて、「Last regrets / 風の辿り着く場所」なんてタイトルでまた出したんですわ。
しかも萌え系のパッケージで。

いかにもパッケージで誤魔化しました的な商品だったんだけど、一応買いましたよ。いちファンとして。
でも、もしハンパなモンだったら即、噛み付いてやるって思いましたよ。結果、予想通りの出来栄えでした・・・。

色々書きたいけど、あと4時間後には名古屋を出ないといけないって状態なので、詳しいレビューは帰ってからにします。
とりあえず途中書きでアゲときます。

少女の幻想の歌詞が!

CLANNAD関連のアルバムで、ソララドっていう俺の中では神ランクに位置するCDがあるのですが、
その中で唯一歌詞が分からなかった曲「少女の幻想」の歌詞がほぼ正確に分かりました。
これは大変な事になりました。事件ですよ。事件。

さらに!歌詞カード眺めてて今発見したんだけど、少女の幻想と遠い旅の記憶のコーラスに霜月はるかの名前が!
なんでこんな微妙な所に登場してんだ・・・しかもコーラスだけとか。
そういえば、riyaと霜月はるかって仲いんだっけか。

にしてもKey信者を名乗りながら、気がつかなかった自分が悔しい。
あぁ、そういえば後ろでアーアー言ってる声で、明らかにriyaじゃない声するわー…。
もっと精進しないとね。


少女の幻想 歌詞 − ソララドより

飛鳥(ひちょう)が舞いて
飛鳥(ひちょう)が降りる
古(いそしえ)の位置(道?)に

風に架かり
風に香る
架空の空

思い馳せあなたが消える日

風光(ふうこう)裂いて
風光(ふうこう)映る
架空の空
音もなくあなたが消える日

あなた乗せ春は唄う
聞きし 泡沫(うたかた)

(2chより)

なるほど、聞いてみると確かにこう聞こえます。
歌詞カードにも書かれてないもんだから、もうriya語って事で片付けてたんだけど…。
いやーほんと誰だが知らないけど感謝ですね。

CLANNAD Tomoyo After Piano Arrange Album 『ピアノの森』

クラナド 智代アフター ピアノ アレンジ アルバム『ピアノの森』

久しぶりにKey Sounds Labelレビューです。
ピアノの森が一般発売になって、やっと購入できました。

では早速外観から。
(注意:画像をクリックすると、巨大な画像が開きます。)

ジャケはかわいい感じ。
このクマは智代アフターのエンディングに出てきたクマですね。

裏面。
収録曲がリストになってます。

開いたところ。
Key Sounds Labelっぽいです。非常にシンプル。

ジャケを開くと収録曲のリストと、
水月 陵さんのメッセージが。

公式の説明では、

水月 陵による、生演奏ピアノアレンジアルバム第2弾
最新作「智代アフター」と「CLANNAD」から10曲を厳選収録。


となってます。

収録されている曲は10曲で、
全て生演奏のピアノソロで、ボーカルはありません。

01. 同じ高みへ
02. メグメル
03. 白詰草
04. 小さなてのひら
05. -影二つ-
06. dear old home
07. rivulet
08. worth living
09. harmony with sorrow
10. love song

01〜05まではCLANNAD、
06〜10までが智代アフターの曲です。


今聴きながらレビュー書いてますが、第一感は、選曲が素晴らしいなぁ、と。
俺はCLANNADも智代アフターもプレイしたので何とも言えないけど、未プレイの人でも十分聴けるのではないでしょうか。
特にピアノの音が好きな人はハマる事間違いなし。

俺はアルバムを聴いてると、自分があんまり好きじゃ無い曲は飛ばしてしまうのですが(これって浮気っぽいらしいですね)ピアノの森は飛ばすのがもったいなくて、とてもじゃないけど・・・。

前にも書いた気がしますが、Keyは美少女ゲームを作ってる会社ですが、美少女という側面は重要じゃなく、その文章と音楽が評価され、「泣きゲー」というジャンルを確立した会社です。
そんな会社の音源を、2つのタイトル(CLANNADと智代アフター)からわずか10曲のみを厳選。
だから曲が良いのは当然なのですが、原曲のイメージをそのままに、更にアルファー波を発するメロディにつくり変えた。といったイメージでしょうか。

コンピュータでどんな音でも作り出せるようになった今、改めて生演奏(とはいってもCDですが)の良さが再確認できました。

更に今思ったこと。
CLANNADはKeyが作り出した最高傑作ということで、何度もサントラを聴いていたのですが、智代アフターの方も曲は素晴らしいですね。
むしろ、智代アフターは全曲のレベルが非常に高く、単発での勝負ではCLANNADの方が強いですが(小さなてのひらとか)、総合でみれば智代アフターの方がレベルが高い気すらします。

特にこのアルバムに収録されているdear old home、rivulet、worth living、harmony with sorrow、love songの5曲は、ヤバイですね。
曲だけで泣けます。
公式ページに視聴できる曲がないのが非常に残念です。
とにかく、このアルバムは2100円出す価値はあります。
Key好きなら絶対に一回は聴いておくべきです。

視聴曲が無いので、作ってしまいました。
選曲が個人的な趣味ですが、ピアノの森から「rivulet」です。
(HP移転につき、削除しました。)

CLANNAD Tomoyo After Piano Arrange Album『ピアノの森』をアマゾンで詳しくみてみる。
〜CLANNAD / Tomoyo After Piano Arrange Album〜ピアノの森

CLANNADイメージボーカルアルバム ソララド

関連記事
少女の幻想の歌詞が!

今回からしばらくは、趣味で買ってるCDのレビューをします。
CDとは言っても、Key Sounds Labelというブランドオンリーですが。

Key Sounds Labelというブランドは、Keyというゲーム会社の派生ブランドで、主にKeyが作ったゲームのサウンドトラックを販売してます。

ただ、最近は色々と手を出してるようですが・・。
これはまたの機会に。


============================


さて本題、ソララドについて詳しくいきましょう。
ソララドは、CLANNADのイメージボーカルアルバムです。
詳しくは公式より

クラナドのオリジナルBGMから旋律を引用し、Little Wing(MANYO、たくまる)が新たにボーカル曲を作成。ボーカルにはクラナドのオープニングとエンディングテーマを歌うriyaを起用。クラナドの世界観を描ききる6曲入りボーカルアルバム。


CLANNADの世界観を表現したアルバムという事ですが、
それも当然で、原曲はすべてCLANNADの曲が使われています。

ボーカルはeufonius(旧refio)のriyaです。
コーラスには霜月はるかも起用。
分かる人には分かる豪華さですね。

ジャケット等を見ていきましょう。

表。
20060803033510.jpg

白いジャケットが印象的。
左上のロボットは、原作中の幻想世界のロボットで間違い無いでしょう。

開いたところ
20060803033518.jpg

右のロボットと、左の少女が手をつないでいます。

歌詞カード。
20060803033527.jpg

無茶無茶シンプル。

CD。
20060803033539.jpg

最初出したとき割れてるかと思った。

裏。
20060803033546.jpg

収録されている曲は6曲。カッコ内は原曲。
01. 少女の幻想 (幻想)
02. オーバー (それは風のように)
03. 海鳴り (潮鳴り)
04. 遠い旅の記憶 (雪の原)
05. 一万の軌跡 (町、時の流れ、人)
06. 空に光る (空に光る)

ソララドは名曲揃いなので、どの曲も素晴らしいです。
Key Sounds LabelのCDが欲しいけどどれを買えばいいのかわからない。もしくは、
Key+riyaが良いらしいけど、どれが良いのか分からない。
って人にはコレしかないって感じですね。


このアルバムを聴いて、まず印象に残るのは「オーバー」だと思います。
テンポがいい曲なので、とっても聴きやすいのが特徴。

また、オーバーはriyaの曲の中でもかなり人気が高いです。
この曲を聴いてイマイチなら貴方にriyaは合わないと言えるくらいですね。

でも、聴きやすいのは聴きやすいんだけど、
CLANNADファンから見ると、CLANNADとの絡み云々って部分では、ちょっと物足りないかも。
(オーバーを視聴してみる)

ちなみに、イントロの歌詞(コーラス)ですが、

ビルは人混みをオーバー
リノリウム続くオーバー


というのが定説。
リノリウム続くオーバーってねぇ、
この歌詞だけでKeyのにおいがプンプンしてますわ。
リノリウムですよ?リノリウム。
ごめんなさい。
私「リノリウムの廊下総合スレ」ってタイトルを発見した瞬間噴出しちゃう人種なんです。
ごめんなさい。
リノリウム。

このコーラスは、

どんな言葉をかけても君は すねたままで歩き続けてた



躍起になってまた目をつむって 今度は走っていった君の その先にもずっと続いていくよ 


という部分にかぶせてくるんですが、
これがまさしくリノリウムなんですよね。もうね、リノリウムすぎてヤバイです。麻枝准的な、そういうコアな人にもお勧めですよ。


俺がこのアルバムで一番好きなのは「一万の軌跡」です。
俺とメッセしてる人は、この曲が流れてるのを一回は目撃してるはず。
なんといっても歌詞が素晴らしく

60億分の思いが織りなす別世界が目の前に
僕らを包んでいくんだ 聞こえてくる声は
生きていく 生きていくんだ 生きることが醜くてても


この部分がたまりません。
丁度視聴ファイルもそこの部分ですね。
何回聴いても飽きないなぁ・・この曲は。

(一万の軌跡を視聴してみる)


アルバムを聞き込んでいくと、
「海鳴り」から「遠い旅の記憶」へ曲が変わるときの
ゴォオオオオオ・・・
っていうまさしく海鳴りがたまらなくなります。
こうなったらもう逃れられません。
しかし、このあたりは曲作りのセンスが光りますね。

「空に光る」は原曲BGMが、CLANNADでも1,2を争う出来だけど、
その原曲をなるべく崩してなくて良いですね。
好きな曲です。

で、俺はやっぱり、ソララドというアルバムは、単体で聴くよりも
絶対にCLANNADをクリアした後の方が良いと思うんですよ。

CLANNADをプレイする前にソララドを聴いても感動しましたが、
自分の場合、プレイ後に聴いたらもうね。ヤバかった。
歌詞が一曲一曲重かったし、何より原作のBGMにボーカルが入る事で、
破壊力が倍増した感じ。

何はともあれ、このアルバムはKey Sounds Labelの中でも一押しな逸品です。

ソララドをアマゾンで詳しくみる
ソララド

(注)
視聴ファイルは、Key Sounds Label公式ページの直リンクです。
公式ページで聴くには、トップページから、ディスコグラフィに入れば聴けます。

関連記事
少女の幻想の歌詞が!

Key Sounds Label CD一覧




icon_event.gifKey Sounds Labelの記事を順番に読む

icon_event.gif各CD解説へのショーットカット

KSLA-0001 WORK-S / Humanity...
KSLA-0002 Natukage / nostalgia
KSLA-0003 Kanon arrange best album "recollections"
KSLA-0004 AIR Original SoundTrack DISC1
KSLA-0005 AIR Original SoundTrack DISC2
KSLA-0006 Kanon Original SoundTrack
KSLA-0007 Birthday Song,Requiem
KSLA-0008 Spica/Hanabi/Moon
icon_event.gifKSLA-0009 CLANNADイメージボーカルアルバム "ソララド"
KSLA-0010 Kanon・Airピアノアレンジアルバム "Re-feel"
KSLA-0011 MABINOGI CLANNAD arrange album
KSLA-0012 CLANNAD Original SoundTrack DISC1
KSLA-0013 CLANNAD Original SoundTrack DISC2
KSLA-0014 CLANNAD Original SoundTrack DISC3 - collection disc -
KSLA-0015 CLANNADイメージボーカルアルバム "ソララドアペンド"
KSLA-0016 CLANNAD remix album "-memento-" DISC1
KSLA-0017 CLANNAD remix album "-memento-" DISC2
KSLA-0018 KEYコンピレーションミニアルバム "Ma-Na"
KSLA-0019 Love Song
KSLA-0020 智代アフター Original SoundTrack
icon_event.gifKSLA-0021 CLANNAD/Tomoyo After Piano Arrange Album "ピアノの森"
KSLA-0022 AIR アナログコレクターズエディション 『鳥の詩/Farewell song』
KSLA-0023 OTSU Club Music Compilation Vol.1 DISC1
KSLA-0024 OTSU Club Music Compilation Vol.1 DISC2
KSLA-0025 planetarian Original SoundTrack
icon_event.gifKSLA-0026 Last regrets / 風の辿り着く場所

その他/レアCD
anemoscope
Ornithopter
Last regrets
regret
verge

カテゴリ:「Key Sounds Label」1 2 3

Illustrated by


メニュー
応援バナー.
鈴木弐番館(「鈴木このり」さんと「れもたろ」さんのサイト)へのリンクはこちら
れもたろ
れもたろ


買うもの/買ったものリスト
カテゴリ
お勧め記事
RSS/その他
feed RSSリーダーで購読する

1256人が購読しています。(2009/01/24)

ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
(C)GUST CO.,LTD.
鍵っ子ブログはガスト認定ファンページです。

なかのひと
track feed

リンク上に戻る