2007年5月の記事一覧

2007年5月30日

G's7月号にリトルバスターズのエロCGが…!

今月の電撃G'sマガジン7月号【AA】がリトバス特集なので早速買ってきたんですが、色んな意味で凄いです。
新出のCGが大量に出てきたり、付録にクドたんと小毬のポスターが付いてくるんですが、
それとは別にですね…
とてもブログには掲載できないようなエロCGがあるんですよ。

>>全文を表示する<<

AIRのDVD版はBlu-ray版よりも綺麗@PS3

えーと、衝撃的な事実が判明しました。
DVD版AIRをPS3で再生すると
Blu−ray版より綺麗
らしいです。
ええっ!それって大枚はたいてBlu-ray版を買った人がかわいそうなのでは…

>>全文を表示する<<

2007年5月26日

ニュースサイトの存在理由

今回の更新はKeyと全く関係ありません。

ちょっと思った事です。

>>全文を表示する<<

2007年5月24日

「Little Busters! Full Ver」歌詞は、これで確定

「リトルバスターズ!」のオープニングテーマが収録された、「Little Busters!」(AA)がまもなく発売されるけど、
2chのフライングゲットした人が『Little Busters! Full Ver歌詞』を23日23時に書き込んでいた。

>>全文を表示する<<

2007年5月19日

オタクがユニクロを着るべき10の理由

Yahoo!知恵袋(オタクって本当に気持ち悪いです。)
を読むと、オタクの服装がダサいのは

「外見に金をかけるのは勿体無い」
「そもそも服に興味が無い」
からだそうだ。
>>全文を表示する<<

2007年5月18日

Googleはパンチラでアウトッ!


昨日まで、このブログにGoogle AdSense(広告)を掲載してたんだけど、
Googleから警告が来て掲載できなくなっちゃった。
>>全文を表示する<<

2007年5月17日

『智代アフタービジュアルファンブック』が5/25に発売

Keyの公式が更新され、智代アフターのビジュアルファンブックが5/25日に発売すると発表された。
結構ボリュームがあり、全部で128ページ

>>全文を表示する<<

2007年5月15日

リトバスのパンチラと京アニのパンチラ

Keyってパンチラ的なサービスシーン出さないんだけど、どうしたんだろう。
って思ってたら似たような会社を思い出した。

あ、このチラり方って、限りなく京アニと似てるような。

>>全文を表示する<<

2007年5月12日

電撃G'sマガジンの増刊号がエロい

電撃G'sマガジン6月号(AA)の付録に、
リトルバスターズのクドと唯湖の下敷きが付いてきて喜んでいたのですが、
なんと7月号増刊号の付録は抱き枕カバーです!
クド&唯湖の組み合わせなんだけど、
絵柄が大丈夫かこれ…
>>全文を表示する<<

2007年5月11日

『問題は、何個買うかだよね…。』

俺:問題は

俺:何個買うかなんだよね


>>全文を表示する<<

2007年5月 9日

らき☆すたのこなたで萌えない人は、フラグに気付かない?


vlcsnap-821313.jpg
前に書いた(らき☆すたを好むオタク心理)を読んだ人の意見を聞くと、意見は半々に分かれました。
そこで今回もこなたについて考えて見ます。(実は心理科学専攻っぽい大学生なんで)
半分近くの人が、「そもそもこなたを女として見てない」とか、「こなた=オタク=俺」と言う人が多かったけれど…。
でもちょっとまった!
こなたって本当に萌えキャラじゃ無いの?
本当にそう思ってる人は、リアルでフラグを見落としてる可能性が。

例えばこなたが現実にいるとして、、
その子が映画を見たいと言い出したとしよう。

リアルこなたを女として見ていない人は、
「じゃあかがみも誘って今度の休みにでも行こーぜ!
おーいっかがみぃ〜!」
となるのはいかにも自然。

でもそれ以外の人は、

あれ、こなたって俺の事好きなんじゃね?

という考えがちょろっと生まれる。
ナルシルトじゃ無くても、一瞬思う。絶対思う。
90%は勘違いだが、残りの10%がオタクカップル成立の鍵を握っている。


こなたがいくら同人誌について熱く語っていても、(かがみがビアンカについて熱く語っていても、)彼女だって女の子なんだから、ひょっとしたら貴方の事を気にしているかもしれない。

らき☆すたでは恋愛ネタは出てこないけど、こなたも一般的なオタク同様、恋愛についてはオク手かもしれない。
そんな彼女が立てた小さなフラグ、見落としてませんか?

…書いてて思ったけど、こなたみたいなのが友達に一人いると面白そうだね。どっかにいねーかなー。

↓アマゾンでチェックしてみる。
らき☆すた ボーカルミニアルバム  真・らき☆すた 萌えドリル 旅立ち DXパック  らき☆すた ボーカルミニアルバム
らき☆すた ボーカルアルバム   真・らき☆すた 萌えドリル   らき☆すた 1 限定版

2007年5月 7日

リトルバスターズ!現時点のまとめ

色々予測が飛び交ってますが、現時点で分かってる情報をまとめておきます。
主題歌、Little Busters!の歌詞はこちらの記事にあります。
また、リトバスはKey2.0の処女作だ も参考に。

原画
20070507230226.jpg
これが一番混乱してるようですね。
ヒロインについてはハッキリとした資料があります。
(電撃G'sマガジン)
今回は樋上いたるさんと、Na-Gaさんの二人で、

樋上いたるさん担当は
神北小毬(かみきた こまり)
三枝葉留佳(さいぐさ はるか )
来ヶ谷唯湖(くるがや ゆいこ)

Na-Gaさん担当は
棗鈴(なつめ りん)
能見クドリャフカ(クドたん)
西園美魚(にしぞの みお)
です。

サブキャラは、はっきりしたソースはありませんが、
笹瀬川 佐々美(ささせがわ ささみ)がNa-Gaさん
二木 佳奈多(ふたき かなた)が樋上いたるさん
でしょう。管理人の目を信じてもらえるなら。

20070507231641.jpg
音楽

なんと今回は外注もあるそうです。
もちろん、下記の通り、いつものメンバーも作ってます。

折戸伸治
戸越まごめ
麻枝准
Manack
PMMK
(ソースは公式)

どうやら、外注が多くなりすぎて、Keyの方で(麻枝さんか?)10曲程度追加してバランスをとったとの事。
(ソースを失念したので確認はとれていません。)
一部では音ゲーとさえ言われてるKeyの作品に外注が入るとはなんとも衝撃的ですが、さらにその外注が多くなりすぎたとは。
この部分はちょっと心配ですね。
しかし、クライマックスや、大切なシーンはいつも通りKeyのメンバーが作ってるでしょう。


シナリオ
20070507231244.jpg
これも今回、かなりテコ入れされています。

麻枝准
都乃河勇人
城桐央
樫田レオ

の4名です。今回のキモは都乃河さんでしょう。
Keyオフィシャルのスタッフ日誌にも度々登場していますし、
割りと沢山のシナリオを任されてる可能性があります。
他の方は私は把握していませんので未知数です。

しかし、やはり久弥直樹さん、涼元悠一さんが居ないのは不安ですね。

↓アマゾンでチェックしてみる。
リトルバスターズ! 初回限定版 リトルバスターズ! マキシシングル

2007年5月 4日

リトルバスターズ!デモ(OP?)動画&歌詞

リトバスのデモ(OP?)がニコニコやYoutubeにアップされている模様。
Stage6にはまだ上がっていないので、
現時点ではニコニコのが一番高画質だ。


主題歌がどんな感じか不安だったけど、聴いてみて「ああ、Keyの主題歌っぽいわ。」と。
メグメルの焼き直しって言えばわかりやすいかな。
そういう意味ではメグメルが嫌いな人にとっては微妙かも。
「Last regrets」とか「影二つ」系統では無いです。

原画は樋上いたるさんとNa-Gaさんなので、いたるっぽく無い絵はだいたいNa-Gaさんです。
ちなみに私一押しのクドもNa-Gaさんもが書いてます。

動画を見ると、だいたいストーリーがわかっちゃいます。
どうやら過酷な展開がありそうで早速批判も出てますが、個人的には超期待してるのでめっちゃ楽しみです。
ちなみに動画、3回くらい繰り返し見たときに、ある事に気づいて鳥肌立ちました。
一体Keyがこのベタベタなシナリオでどう泣かせてくるのか。
夏まで待てない……。

デモの最後の、写真が変わるところがとっても良いですね。
どっからどう見ても「友情ストーリー」です。
20070504190637.jpg

暫定歌詞ものっけときます。
5月23日 更新

歌詞が確定しました!下の記事を参照してください。
「Little Busters! Full Ver」歌詞は、これで確定

一人が辛いから 二つの手を繋いだ
二人じゃ寂しいから 輪になって手を繋いだ
きっとそれが幾千の 力にもなり
いろんな夢も歌ってる気がするんだ

高く飛べ 高く空へ 高く蹴れ
高く声を上げ
いつか挫けた その日の向こうまで

君の声忘れない 涙も忘れない
これから始まる 希望と言う名の未来を
その足は歩き出す やがて来る過酷も

僕らみんな同じ夢を見ていた
過ぎ去る1ページの
ここからは一冊しか 持っていけないよ
それで良かったのかな

両手には強さを
気高き強さを
頬には涙を
一滴の涙を

高く飛べ 高く空へ 高く蹴れ
高く声を上げ
いつか挫けた その日の向こうまで

君の声忘れない 涙も忘れない
これから始まる 希望と言う名の未来を
その足は歩き出す やがて来る過酷も
乗り越えてくれるよ
信じさせてくれるよ


Little Busters!

歌詞:麻枝准

Arrange
中沢伴行
尾崎 武士

Vocal & Chorus
Rita

ちょこちょこ手直ししたので、大きな間違いは無いはずですが、どうしても聞き取れないところが。

1 いろんな夢も歌ってる気がするんだ
1'いろんな夢を歌ってる気がするんだ

意味的には「いろんな夢を」が妥当なんですが、「いろんな夢も」に聴こえます。

最後の部分でも一箇所。

2 乗り越えてくれるよ
2'乗り越えてくれると

これも意味的には「乗り越えてくれると」が妥当なんですが、「乗り越えてくれるよ」に聴こえます。


ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm221679

Youtube
http://www.youtube.com/watch?v=VatkGGooKrI&eurl=


20070504191511.jpg

↓アマゾンでチェックしてみる。
リトルバスターズ! 初回限定版 リトルバスターズ! マキシシングル

リトバス(リトルバスターズ!)原画展レポート

リスペクト麻枝准さんのところで、
リトルバスターズ!原画展オフ レポートがアップされてます。
今すぐちぇーーーーーく!

2007年5月 3日

リトバスはKey2.0の処女作だ(旧版)

この文章は大分古い文章です。

リトルバスターズ!はKey2.0の処女作だ」(全面書き直し版)
http://www.i-love-key.net/archives/2007/07/key20_1.html
こちらを読んでください。


 


Keyの意欲作、リトルバスターズが3月29日に予約開始された(アキバBlog)
リトバスはこれまでのKeyの作品と大きく異なるので、ファンの間では物議を醸している。
しかし私はこの相違点をプラスと捉え、更にKeyがここ最近見せる積極的な販促(リトルバスターズ!原画展 せなか:オタロードBlog)を見て、これをKey2.0と呼ぶことにした。

リトルバスターズはKeyにとってどれほど革新的な作品なのか。

忘れもしない、あれは2006年2月
Keyは公式ページ上で、リトルバスターズを発表した。
その時の画像がこちら。
20070503173147.jpg
ヒロインがパンチラしてるし、眼鏡っ子もいる…。
っていうかそもそも何この萌え系パッケージは??
これはKey始まったな。とかなんとか悠長な感想が漏れる訳もなく。

CLANNADで出し切ったのは分かったけど、でもこれは……。

キャラクター紹介ではやたらテンション高いし、スカート短すぎだし、ツンデレいるし、絶対領域だし。
と戸惑いながらもプロローグを読むと、なるほど、確かにKeyの匂いは残ってるけど……
ともかくあの日は、古くからのKeyファンの間に動揺が走った日だった。

それから、Keyはリトバスに若干の修正を加える。
そして今、公式ページの画像は当時と変わった。
パンチラは無くなり、眼鏡っ子もいなくなった。(西園美魚が眼鏡を持ってるCGは確認したので、何かあるかもしれない)

20070503181752.jpg

作品が持つイメージは少し、昔のKeyに戻ったが、
つーかそもそも萌え系じゃねえか

という疑念はつきまとう。
こんな事、CLANNADまでKeyの流れなら考えられなかった。

Keyの進化とは
今まで、Keyに対して絵柄的な萌えやエロを求める人はそう多くはなかった。
もちろん、「観鈴ちん萌え」「名雪萌え」的な要素はあるが、それはストーリーありきであって、絵柄がいたる絵である必然性はなかった。

それが今回は、全面に絵をプッシュして、「さあクドリャフカで萌えろ。さあさあ!」と、萌えを押して来ている。

この萌えを理解してもらえる人は少ないかもしれないが、観鈴はストーリーだけど、リトバスはキャラクターの表層部分+ストーリーだと。
表層ってのは平たく言ってしまえばCGなんだけど、ここを説明するのは無理(私も漠然とした考えしか無い)なので、割愛する。

すっごい分かりにくいでしょうけど、とにかく私はKeyからそういう意思を感じる。


この、萌えプッシュはCDのジャケットにも現れていて、OTSU以前のKey Sounds Labelのジャケットは、萌え的なパッケージは、わずかに2つ(KanonOST, memento)しかない。
Key Sounds Labelでディスコグラフィをチェックしていただきたい。
OTSU以降、明らかにタッチ(絵柄)が変わったのがわかると思う。


しかし、この萌えプッシュを否定してる訳では無い。
単にKeyがKey2.0へと進化する為の必然だったのだから。

つづくっぽい?

↓アマゾンでチェックしてみる。
リトルバスターズ! 初回限定版 リトルバスターズ! マキシシングル

そろそろ夏ですね

夏ですね。
今年もこの季節がやってきましたね。

最近、昼くらいに車に乗ってると暑くて窓を開けずにはいられません。
夏特有のこれらの行為や
思わず上着を脱いで日差しを肌に感じる行為。
これらと共起関係にあるのがこの曲なんです。

私にとって、AIRの3曲(鳥の詩、夏影、青空)は暑い時期には必須。
というかAIRのサントラが欠かせない。

冬や春(Kanon, CLANNAD)はここまで強い思いは無いのに、
夏とAIRはもうガッチリですね。祥子様と祐巳ちゃんのように。

Illustrated by


メニュー
応援バナー.
鈴木弐番館(「鈴木このり」さんと「れもたろ」さんのサイト)へのリンクはこちら
れもたろ
れもたろ


買うもの/買ったものリスト
カテゴリ
お勧め記事
RSS/その他
feed RSSリーダーで購読する

1256人が購読しています。(2009/01/24)

ガストゲームズサポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」公式サイトはこちらへ!
(C)GUST CO.,LTD.
鍵っ子ブログはガスト認定ファンページです。

なかのひと
track feed

リンク上に戻る